2017.08.21

生活とおでかけ

徳島県②大塚国際美術館

こんにちは、家事代行サービスユヌシャンブルです🏡✨

世界中の名画などのレプリカが収められている大塚国際美術館へ訪れるために、徳島県まで行ってきました😳❗️滞在時間2時間だったので全く見れていませんが、今回は大塚国際美術館の写真を少しお見せしたいなと思ってます🎨(前回のブログはこちら
大塚国際美術館 システィーナ礼拝堂 「最後の審判」

まずは、B3階フロアにあるシスティーナ礼拝堂へ⛪️バチカン宮殿のミケランジェロの「最後の審判」です。
原寸大で本物と同じような作りで設計されているそうです。とても大きく本物の教会のようでした。絵はもちろん陶板で作られているんですよ!すごい技術ですよね。
ここで結婚式💍をあげることも可能なのだそうです。素敵ですね😍憧れます💓

【最後の審判とユヌシャンブル北の小話】
去年の5月頃、一人旅でイタリアを南から北へ横断中にバチカンへ立寄った時にチケットの売り場がわからず迷子になっていたらチケット販売代理店に2、3回捕まり1時間くらい説明を受けたら「あなたは時間がないからツアー観光は無理です。」と言われ、ミケランジェロの「最後の審判」その他諸々ほとんど見ることができませんでした。バチカンは半日滞在ではほとんど何も見れず苦い思いをしました(笑)しかし、快晴で風景がどこも美しく、バチカンからローマ市街までのフィールドワークは最高でした◎とってもオススメです♫

大塚国際美術館 アートコスプレフェス

館内を歩いていくとこんなものを発見👀9月30日までアートコスプレフェスがやっているようです。

大塚国際美術館 アートコスプレフェス 古代

こちらは古代の人になれるコスプレ衣装。この時代の男性は一枚布を着用していたようですね。

大塚国際美術館 アートコスプレフェス バロック

こちらはバロックの衣装。この衣装は子供用のドレスだそうですよ!シックですね。

大塚国際美術館 秘儀の間

「ディオニュソスの秘儀」をテーマとした壁画フロアです。こちらは説明文。

大塚国際美術館 ワイン

壁画がラベルになっている2000年前の再現したワインです。飲んでみたいですね🍷

大塚国際美術館 秘儀の間2

「社会的な法や理性といった束縛から自我を解放する」ディオニュソス信仰(ローマにより唯一弾圧された宗教)があったようです。ディオニュソスはギリシャ神話の豊穣神、酒神でローマの世界では集団的狂乱と陶酔を伴う密儀神として広く崇拝され秘儀荘にも描かれたようです🎨ヘレニズム時代(B.C.334~B.C.30頃)に流行する古代ギリシアの密儀宗教である「密儀に入信し、肉食の禁止など戒律を守る信徒に死後の世界における幸福を約束する」オルフェウス教の主神にもなっています。火山の噴火により変色したとされる赤色は「ポンペオ・レッド」だそうです。

大塚国際美術館 モネの庭①

こちらはモネの庭です。お花が咲いていて素敵ですね。

大塚国際美術館 モネの庭②

こちらはモネの庭と奥はカフェでしょうか。休憩に良さそうですね。

【モネの庭とユヌシャンブル北の小話】
パリに住んでいた頃に、日帰りでジヴェルニーにある本物のモネの庭に行こうとしたことがあります。しかし、ロケーションのいい時期がヨーロッパのバカンス時期(5〜6月頃)と被っており、調べたらチケットなしで行くと朝から長蛇の列に並んでやっと入れるとか😅ジヴェルニー近辺に泊りがけで行ったり、車に乗って行けばストレスなく入れそうですね。たしか、開園時期も開園時間もすごく短いはずなので、ご旅行の際は下調べを入念にされた方がいいと思います💡

大塚国際美術館 モネの絵画

最後はオランジュリー美術館のモネの「睡蓮」の大壁画レプリカです。学生時代にパリに旅行でオランジュリー美術館に訪れた時に楕円形の白い壁に描かれたモネの作品を見て驚いたものです。この陶板もほとんど再現されていたので驚きました。晴れた日に見るとより美しいですね。実は、これがモネの最後の作品なのだそうです。国に寄与するために描いた正に命がけの大作ですね。

少ししか紹介できませんでしたが、作品数は1000点余りあり広大な敷地に原寸大のレプリカで展示されており、来たら必ず圧倒されると思います!大塚国際美術館でいろんな国の美術館に小トリップできてしまいますね✈️時間が足りず見れなかった作品がたくさんあるので、また訪れたいと思います😉✨

家事代行サービス ユヌシャンブル

法人向けサービス

© 2017家事代行サービスユヌシャンブル