2017.08.15

生活とおでかけ

映画 The Founder

こんにちは、ファインクオリティー家事代行サービスのユヌシャンブルです😊
夏真っ盛り、夏休み🏖ですね!

2017年7月29日公開の「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」を鑑賞してきました🎥

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ : http://thefounder.jp

多くの国で、多くの街で見かけることができるマクドナルド。
海外で一人旅をしている時にwifiを求めてマクドナルドに寄ることがあります。知らない外国人に追いかけられた時に、マクドナルドならたくさんの人がいて助けてくれると逃げ込んだこともありました。
マクドナルドは、どこの国にいても安定した品質客質を保っていて、初めて入る店舗でも安心して入店することができる素晴らしいお店です。
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」はそんなマクドナルドが大きくなるまでの創業者のお話です。
主人公のレイ・クロックはシェイクミキサーの営業マン。なかなか売れず行き詰まっていた所、8台のシェイクミキサーの注文が入る。驚いてそのお店を訪ねると、行列が出来ているマクドナルド兄弟が経営しているハンバーガーレストラン マクドナルドだった。当時のレストランは注文すると長時間待たされ間違った商品を提供されていたが、マクドナルドでは列んで注文すると30秒で商品を手渡すサービスを行っていた。マクドナルド兄弟が考えた革新的なシステムは、大幅なコスト削減を行い高品質で合理的なサービスを生み出しマクドナルドは大繁盛していた。店内を案内して貰ったレイ・クロックは、マクドナルド兄弟にフランチャイズ化の話を提案し説得、マクドナルドは全国に展開していく。
このようなあらすじだったと思います。
シェイクミキサーの営業マンだったレイ・クロックがマクドナルドのフランチャイズ化展開に乗り出し、色々な場所へ営業をかけ「君、紙コップとかシェイクミキサーを売ってたよね。」と鼻で笑われるシーンがありました。昔営業に当たった人にも片っ端から再度営業に向かっていく、このシーンがとても印象的でした。
私は人伝に創業者のマクドナルド兄弟からレイ・クロックがマクドナルドを乗っ取ったと聞いたことがありましたが、The Founderを観てそうではないように思いました。彼は、昔失敗した相手でも成功する可能性があるのであれば片っ端から当たり、誰よりも実直に成功を求めて行動を起こした人なのではないでしょうか。
マクドナルド兄弟は成功に対し協力的ではなく、成功を望まなかったために表面的には乗っ取られたかのように思われがちなのかもしれません。

人により、捉え方は千差万別ですが、一人の経営者の物語として観るととても面白い作品だと思います☺️
レイ・クロックの人生が劇的に変わる瞬間が観れる、これがThe Founder🎥の魅力です💡
まだ始まったばかりなのでお時間のある際にぜひ😉
家事代行サービス ユヌシャンブル

法人向けサービス

© 2017家事代行サービスユヌシャンブル